熊本県農業公園 カントリーパーク

お電話でのお問合せはこちら
TEL:096-248-7311

施設概要・使用料

カントリーパーク施設全体のご案内

カントリーパークにある多種多様な施設は、さまざまな思いが叶うよう設計されています。
あなたの楽しみや可能性の場所として、探したり活用したりしてみてください。

01.建設の理念

農業公園は次の三つの理念に基づいて建設されています。

1. 県民の農業理解の場の創出

都市住民等に対して農業に対する興味と理解を深めてもらう。

2. 自然・緑に親しむいこいの場の提供

くぬぎ林と牧草地に囲まれた田園牧歌的なアメニティーの高い公園を整備する。

3. 農業情報発信基地の創出

県農業研究センター、県立農業大学校と有機的に連携を保ちながら、一体的に一つのゾーンとしてとらえ、農業の情報発信基地として機能する。

02. 特徴

「学習」「遊び」「解放感」の三つの視点から農業への理解が深まるよう配慮されています。 また、「食べる」「買う」「触れる」「遊ぶ」などの行動も、農業体験の一環となるように、農業館を核として農業公園全体が ストーリー性のある展示の場となっています。

農業の大切さを知る

「学習」(ディスプリン機能):「知」の装置

▶農業館、展示温室(グリーンハウス)、知識の森、フルーツ館

楽しい「農」の体験

「遊び」(レクレーション機能):楽しい公園

▶わんぱく広場、イベント広場、物産館

田園牧歌的な空間での解放

「解放感」(リリース機能):アメニティ空間

▶芝生広場、花の広場

03.施設の内容

公園は大別して4つのゾーンからなり、それぞれ特色のある整備が図られています。

1. パティオ型建築ゾーン

パティオ(中庭)広場を中心にして、公園の主な建物と機能を集めてあり、農業理解の場の主要施設が配置されています。

2. メモリアルゾーン

サイロを模したカントリータワーを中心に、わんぱく広場、花の広場等が配置されています。

3. 芝生広場ゾーン

三つの広場があり、全面に芝生が張られ、緑の中で解放感を味わいながら、くつろげるスペースとなっています。

4. くぬぎの丘ゾーン

くぬぎ林の丘は、夏季は木陰で一日ゆったりとくつろげ、自然に親しめるスペースとなっています。

施設一覧

1.パティオ建築ゾーン

パティオ建築ゾーンの写真

パティオ(中庭)広場を中心にして、公園の主な建物と機能を集めてあり、農業理解の場の主要施設が配置されています。

アグリパビリオン(農業館)

第1室から第5室まであり、大型映像やパネル等で農業のことが楽しく学べます。

グリーンハウス(展示温室)

温室の特性を生かしバナナなどの熱帯植物を見ることができます。

知識の森

農業に関連するビデオや図書等を備え、園芸相談や栽培教室の開催、公園の案内等農業の情報発信の一端を担っています。

イベントホール(多目的ホール)

会議、研修会、展示会等の屋内型の催事に利用できます。

イベントホール概要・使用料について

※概要や使用料は上記ボタンよりリンク先を参照ください。

ファーマーズマーケット(物産館)

県産品のアンテナショップとして、県内の農産加工品等を展示即売しています。

風の広場(パティオ広場)

屋根のある回廊で囲まれた広場で、屋外型のイベント等の開催もできます。また、夏休み期間中は、全面に水が張られ、こどもたちが水遊びを楽しんでいます。

イベントホール概要・使用料について

※概要や使用料は上記ボタンよりリンク先を参照ください。

光りの広場

大きな木を中心に季節の花々がみなさんを迎えます。また、「フルーツ館」として育成温室が隣接し、熱帯のフルーツの観察などが楽しめます。

2.メモリアルゾーン

メモリアルゾーンの写真

サイロを模したカントリータワーを中心に、わんぱく広場、花の広場等が配置されています。

カントリータワー「雲のミュージアム」

農業公園のシンボルタワー、高さ24.5m、展望室の高さ17.5m、展望室からは、遠く阿蘇山等が望めます。

わんぱく広場

砦型のジャングルジムや砂場、アスレチック施設等が置かれており、子供たちの楽しい遊び場になっています。

花の広場

440種類、3,200株のバラ園を中心に、四季折々の花や植物に親しむことができます。

3.芝生広場ゾーン

芝生広場ゾーンの写真

三つの広場があり、全面に芝生が張られ、緑の中で解放感を味わいながら、くつろげるスペースとなっています。

  • ゆうゆう広場(1.4ha)
  • のびのび広場(1.2ha)
  • わくわく広場(1.0ha)
  • グラウンドゴルフ

4.くぬぎの丘ゾーン

くぬぎの丘ゾーンの写真

くぬぎ林の丘は、夏季は木陰で一日ゆったりとくつろげ、 自然に親しめるスペースとなっています。

施設使用料(2019年10月より)

施設の名称 面積/距離 使用料
(1日当たり)
形状 主な用途
芝生広場 ゆうゆう広場 14,000㎡ 5円50銭/㎡ 芝生 特産品等展示販売
スポーツ
のびのび広場 12,000㎡
わくわく広場 10,000㎡
園路(芝生外周) 1.3㎞ アスファルト 駅伝大会等

使用料について

熊本県農業公園条例第11条に基づく使用料(消費税を含む額)

  1. 使用者は、上記の表に定めるところにより算定した額を使用料として納めなければならない。
    ※算定した額に、5円未満の端数があるときはこれを切り捨て、5円以上10円未満の端数があるときはこれを10円に切り上げます。
  2. 前項の使用料は、前納とします。ただし、熊本県知事が特別の事情があると認めるときは、この限りではありません。
  3. 既納の使用料は、返還しません。ただし、熊本県知事が特別の事情があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができます。
  4. 2019年10月1日より使用料の改定予定です。

火気の使用について

火気の使用は禁止とします。
イベントにおいて食品を提供する等により、公園の許可、保健所による食品衛生法の許可を受けるものは、上記の範囲外となります。

開園・閉園時間

時期 開園時間 閉園時間
3月~11月 午前9:00 午後6:00
12月~2月 午後5:00

休園日

毎週火曜日(祝日に当たるときは翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入園料

時期 大人 団体30名以上 高校生以下
3月~11月 300円 250円 無料
12月~2月 100円 80円 無料

入園無料となる方

障害者手帳などを所持の方は入園無料となります。
手帳所持者が、1種(身体)、A1、A2(療育)、1級(精神)の場合は、その介護者1名分が入園無料となります。
高校生以下の方は入園無料となります。

熊本県農業公園カントリーパーク

〒861-1113 熊本県合志市栄3802-4
熊本県農業研究センター・熊本県立農業大学校と隣接
TEL 096-248-7311 FAX 096-248-7310

開園・閉園
3月~11月 / 開園時間 09:00  閉園時間 18:00
12月~2月 / 開園時間 09:00  閉園時間 17:00
※入園は閉園時間の30分前までとなります

OPERATION

運営団体

熊本県農業公社

Instagram

熊本県農業公園​カントリーパークのインスタグラムです。
インスタグラムで「countrypark7311」を検索!

インスタグラムはコチラ

CONTACT

電話でのお問合わせは、以下にどうぞ。
TEL 096-248-7311
FAX 096-248-7310

WEBからのお問合わせ

※24時間受付のお問合わせ窓口はこちらから

BELONGS

熊本県公式ホームページ

FOLLOW US

To top